漁師・グレイスの立ち回り、人格、対策おすすめ

キャラ

このページでは、「漁師」の使い方、立ち回り方、対策などを解説しています。

おすすめの人格も掲載していますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

基本性能

外在特質
深淵の深みグレイスが通った場所には20秒間湿気の淵が生成される。淵が囲まると瞬時にその囲い内のサバイバーに30%の湿気を付与し、20秒間囲まれた淵が残る。囲まれた淵は再び囲いに利用することはできない。モリ回収では必ず囲いが生成される。
淵の上にいるサバイバーは毎秒10%(サバイバーが吊るされている椅子の付近では6%)増加し、その後淵を9秒間踏まなければ毎秒5%ずつ減少する。湿気が付与されているサバイバーは板窓操作速度10%低下、暗号機、ゲートの解読速度20%低下する。湿気が100%になると1ダメージをうけ湿気がリセットされる。その後5秒間湿気が付与されない
存在感0・漁狩 ボタンを長押しすることでモリを投げることができる。長押しの時間が長いほど投げる距離が長くなる(最大41m)。モリの通過点には湿気の淵が生成され、グレイスは回遊状態になる。
回遊状態では移動速度が30%上昇するが攻撃や板窓風船操作をすることができない。モリは自分で回収することができ、戻す際も通過点に湿気の淵を生成する。回遊時間の最大時間(20秒)に達するか、モリとの距離が55mを超えたときモリは自動的に回収される。
存在感1・驚波 回遊状態の時だけ使え、カメラ方向に直線でダッシュする(26m)。サバイバーに命中すると30%の湿気を付与する。自分で中断することもできる
存在感2・弄潮 驚波と囲みでの湿気の付与が50%になる。

おすすめの人格

人格解説
安定の右下人格、気没と合して使おう。
距離チェイス対策、救助狩り目的なら左下人格、こちらも気没と合して使おう。

細かい選び方はこちら

最強ハンターランキングを確認

最新の最強ハンターランキングで、このサバイバーの順位をチェックしてみましょう。

立ち回り-基礎

湿気

サバイバーは淵を踏むと湿気が毎秒10%ずつ溜まり100%になると1ダメージを食らう。淵ができる方法はグレイスが移動時した通過点と、モリを投げた時のモリの通過点、モリの回収の時のモリの通過点にできる。

また、これ以外に湿気を付与できる方法が2種類あり

淵で囲いを作り、囲いができたときに囲いの中にいたサバイバーに30%の湿気を与えることができる。一番簡単なやり方としてはモリを投げ回遊モード(移動速度が30%上昇するが攻撃や板窓風船操作をすることができない)になり、モリ投げと回収の湿気で囲いを作る方法。このときのポイントとしてサバイバーの移動方向を予測して大きく囲い込めるようにモリを投げるようにしよう!

存在感が溜まった時の回遊モード中にできる驚波でサバイバーに突進して当たると30%の湿気を付与できる。驚波は途中でキャンセルすることができる。単なる移動手段としても優秀。存在感がマックスになると2回まで使えるようになる

驚波

ここからは囲いを作るテクニックを4つ紹介

足元囲い+驚波からの足元囲いの合わせ技

これはグレイスを使う上で一番必要な技!囲まれていない淵を足元の淵で囲むことで湿気を付与する。囲まれていない淵があれば狙うように意識して立ち回るようにしよう!

モリ湿気と足元囲い+2連続湿気付与

モリ湿気を足元囲いで封鎖する技。

モリ投げでできた淵に足元囲いした後、モリを回収すると回遊モード中に生成したすべての淵や囲い上のサバイバーに囲みの分の湿気を付与できる。

モリ囲い+2連続湿気付与

足元湿気をモリ投げで封鎖する技

モリ投げはサバイバーに向かって直接投げることで湿気を踏ませ湿気の低下を防ぐことができる。また、95%程度溜まっているサバイバーならダメージを狙うこともできる。

足元にできた湿気をモリ投げの湿気で囲い込んだ後、モリを投げたときにできた道とモリが帰ってきた時の道で囲うことができればもう一度湿気を付与できる。

驚波囲い+驚波からの驚波囲いの合わせ技

驚波で足元湿気とモリ湿気を封鎖する技

以上が基本的な必須テクニックグレイスを使うなら全部使えるようになっておこう!

チェイスは大きくチェイス場所、建物を囲むようにモリを投げ囲いを作り、上のテクニックを合せながら湿気での1ダメを狙おう!ポジションによっては通常攻撃をする前に湿気を下げさせないように足元の湿気を踏ませてから殴るとよい。また、サバイバーの湿気が80以上溜まっている場合も足元の湿気を踏ませて100%にしてから攻撃するのもアリ近くに解読を回しているサバイバーがいたらその暗号機を囲むようにモリを投げると解読遅延につながる

キャンプシーンでは近くに回している暗号機があればモリ投げで囲みつつ椅子の周りを大きく囲もう。そうすることで救助狩りがしやすくなる。救助職が椅子前に来たら足元囲いで湿気を付与して救助狩りを狙おう。中間索敵で見つけた場合は驚波からモリ回収、足元囲いで救助狩りを狙おう。

一人飛ばしてからは暗号機を湿気で囲って守りながらダウンを狙って全体負荷をかけて行こう!

応用

ピンポイント足元囲いを極める

サバイバーの進行方向にピンポイントで足元囲いを作る技。椅子前では椅子の左側に板窓の手前など。この技ができるかできないかでほかのグレイス使いと大きく勝敗が変わってくるので必ず出来るようにしよう!

モリの投げる位置を見極める

サバイバーの進行方向を予測しチェイスに使うポジションを囲める位置にモリを投げる判断ができるようになろう!

対策方法

モリの位置を見てチェイス場所を移動する

モリの位置とハンターの位置を確認し囲まれないようにポジションを移動しよう。モリから離れるように移動するとよい。また、ハンターが壁越しで囲もうとしている場合、ハンターはサバイバーの位置を把握できていないためすきをついてポジションを抜け出そう!

湿気の上と湿気でできた囲いの上ではサバイバーのゲージが溜まり、ダメージを食らってしまうのですぐさま離れよう。

モリ投げや驚波でできた湿気は小さな隙間がありその間を湿気の付与をされないで通ることができる。

驚波をよける

ハンターが驚波を使うのが見えたら左右によけよう。

みんなのコメント一覧

  1. 匿名 より:

    最近うざく感じる。失礼だけど正直キャラデザもあんま好きじゃないしさらにうざく感じる。