悪夢の立ち回り、人格、対策おすすめ

キャラ

このページでは、「悪夢」の使い方、立ち回り方、対策などを解説しています。

おすすめの人格も掲載していますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

基本性能

外在特質
見回りチェイス中でないときの移動速度10%上昇
存在感0覗き
スキルボタンを長押しして17m以内のサバイバーを1.8秒間視界範囲内にとらえ続けると、このサバイバーをロックして45秒間通常攻撃が飛走に変化する。
飛走
通常攻撃がオートエイムでロックしたサバイバーに9m向かうようになる。
渡鴉
スキルボタンをタップし前方に鴉を放つ。スキルボタン長押しで解読が終わっていない暗号機、サバイバーが拘束されているロケットチェア、通電後のゲートを選択して鴉を放ち到着するとその地点で40秒間滞在する。飛行中にサバイバーに触れて場合20秒間サバイバーの位置を表示し、同時に解読、治療、板窓操作速度が10%低下する。
存在感1凶兆
鴉の位置に瞬間移動する。
存在感2狩猟
覗きに必要な時間が0.7秒になり、2連続で飛走できるようになる。

おすすめの人格

人格解説
安定の右下人格。個人的におすすめな特質は監視者、もしくは気没。
グルチェ対策の上下人格。

細かい選び方はこちら

最強ハンターランキングを確認

最新の最強ハンターランキングで、このサバイバーの順位をチェックしてみましょう。個人的最弱ハンター

立ち回りー基礎

悲走

サバイバーをロックすることで通常攻撃が飛走に代わる。

カラス

鴉を投げることができ、存在感1になると鴉の位置にワープできるようになる

渡鴉
スキルボタンをタップし前方に鴉を放つ。スキルボタン長押しで解読が終わっていない暗号機、サバイバーが拘束されているロケットチェア、通電後のゲートを選択して鴉を放ち到着するとその地点で40秒間滞在する。飛行中にサバイバーに触れて場合20秒間サバイバーの位置を表示し、同時に解読、治療、板窓操作速度が10%低下する。

存在感が2になると2連続で飛走が使えるようになる

チェイスはサバイバーを覗きロックをつけて後は飛走を読みあいで攻撃を当てに行こう。また、チェイス中や暇なときは常に暗号機に鴉を投げ解読妨害をしよう板間はサバイバーとななめの位置で攻撃すると当てやすい。存在感がたまりワープが使えるようになれば距離詰め用にワープを使うのもアリ。ロックしているサバイバーを忘れないように気を付けよう。

キャンプシーンでは椅子前に鴉を置いておきその後の鴉は暗号機に放とう。中間距離で一撃を与えた後椅子前にワープすることでの救助狩りやDDを狙える。

一人飛ばしてからは鴉で暗号機に圧をかけつつワープをしてダウンや全体負荷を狙っていこう。

通電前はワープのクールタイムを挙げてから通電させるようにしよう。通電後は鴉をゲートに配置しながらワープでゲートを守っていこう。

立ち回りー応用

狩猟本能を生かす

悪夢はチェイス状態でないと移動速度が10%上昇し、内在人格の「狩猟本能」を組み合わせると最大18%も上昇させることができる。画面内にハンターの付近16m以内のサバイバーを5秒間入れなければ発動するので距離が離れている場合は狙ってみよう。

対策方法

鴉を回収する

暗号機やゲートに投げられた鴉を追われても大丈夫なサバイバーがハンターと暗号機・ゲートの間に立っておくことで回収するできる。回収したら暗号機やゲートから離れておこう。また、配置されている鴉は40秒間滞在するため消えるのを待つより回収するようにしよう。

みんなのコメント一覧